焼津 黒潮温泉発祥の地 
元湯なかむら館

「焼津黒潮温泉 元湯 なかむら館」は、昭和34年創業以来、60余年の歴史をもつ公衆浴場施設です。焼津市内で希少な100%完全源泉かけ流し温浴施設として、地域の皆様や全国各地の温泉愛好家の方々にご利用頂いてきました。

焼津黒潮温泉は元々、当店に隣接する「高草50号井」で、東海ガス株式会社様が採取した天然ガスに随伴する坑水でした。当初は廃棄されていた坑水であったものを初代社長 小池政男が温泉として利用できることに着目し、当初は地域住民の皆様に無償で提供し、その後温泉施設として開業したものが「元湯なかむら館=焼津黒潮温泉」のルーツと言われています。

焼津 黒潮温泉発祥の地 元湯なかむら館

「完全源泉掛け流し」
本物の提供へのこだわり

元湯なかむら館は、浴槽にため込んだ温泉を営業時間終了後には全て浴槽から廃棄し、翌朝改めて浴槽へ注入。営業時間中は常時源泉を浴槽に注ぎっぱなしにする(あふれ出たお湯はそのまま廃棄する)完全源泉掛け流しの提供スタイルを創業当初から堅持してきました。

これは、自然の恵みである温泉の天然成分をそのままの状態でご利用頂きたいという創業時からの思いでもあります。
焼津黒潮温泉は、湯上がりの保温効果が特に高く、一度入ると泉質の効果が体感できると思います。こうした貴重な自然の恵みから得られる心地よさを、当店はご利用頂く皆様に実感頂きたいとの思いを持ち続けてきました。

地域に根差し、
末永く愛される施設に
リニューアル

創業からの年月の経過による施設の老朽化、多様なサービス提供へのニーズの高まりを受けて、2021年、当店は 温泉浴槽の拡張や新たに露天風呂やスタジオ、多目的スペース、カフェレストラン等を併設した複合型の温泉施設へと生まれ変わりました。
新しくなった当店では「癒す」×「楽しむ」×「味わう」×「繋がる」をテーマに、ご来店されるお客様の心身の「健康」を守り育むお手伝いをしたいと考えています。
温泉や整体で身体を癒し、なかマナでスポーツや芸術を楽しみ、カフェレストランで身体に優しい料理を味わい、そして、元湯なかむら館で生まれた新しいコミュニティでの繋がりがお客様の人生に彩りを添えることができるよう、様々なサービスをご提供いたします。

地域に根差し、末永く愛される施設にリニューアル